So-net無料ブログ作成
検索選択

レクサスでひき逃げ!車種を特定しました [事故]

2016年3月6日東京都内で高級車メーカーレクサスによるひき逃げ事件が発生しました。この時の車種は一体なんなのか?なぜか公表されていないので、画像から特定しました。


レクサスLS



事故当時の画像、動画から判断するにこのひき逃げ事件の車種はレクサスの「LS」です。2006年に発表された4代目となるモデルで、その前期型の2007~2009年のものです。

それまではLSは日本国内で「セルシオ」としてもトヨタ店とトヨペット店から発売されていましたが、2006年には両店での取り扱いは完全終了。以降はレクサスのみでLSとして発売。セルシオの名前は無くなりました。

セルシオと言えば高級セダンとして若者にも人気な車種かと思います。よく街では車高を低くしてガラの悪そうな人が乗っていますね。

今回のひき逃げ犯の毛塚剛毅(22)も画像を見ると相当な悪人ヅラですね・・・。


20160306-00000011-ann-000-view.jpg
ttp://lpt.c.yimg.jp/im_siggjP.ds_daDGD9GG_OefkwpA---x200-y113-q90/amd/20160306-00000011-ann-000-view.jpgより

LSの価格



ひき逃げに使われた当該車種は発売当時は770万円~965万円でした。2007年の4月には日本車としては初の「世界カー・オブ・ザ・イヤー」を受賞しています。名実ともに最高の車です。

4f341d58.png


しかしこのひき逃げ事件のLSを見るとあまり手入れは行き届いていないようですね。
LSにはハイブリッド仕様もあるのですが、この車は最も安いグレードのガソリン車。いまや中古市場では100万程で購入できます。
また、7万円のオプションのクリアランス・ソナー(障害物を検知)もついていないと言う事で相当のケチケチ仕様です。

ひき逃げ犯は22歳の無職で、車は会社名義だそうです。出どころもあやしすぎる・・・。




スポンサーリンク












被害者は19歳



このひき逃げの被害にあったのは19歳のベトナムの人だそうで。右足に重症を負っています。
もしかしたら日本に出稼ぎに来ていたのかもしれません。

またひき逃げ犯はこの時40キロ制限の道路を100キロで暴走していた上に酒に酔っていたということです。正直ろくでもないですね。

このレクサスのLSもタイヤが外れる程の大破。ベトナム人の被害者が良く生きていたものだなと思います。

日本が世界に誇る高級車。かっこよくスマートに乗りこなしましょうよ。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。