So-net無料ブログ作成
検索選択

乙武洋匡の子作りに施設が関わっているのか?【性の介助の実際】 [生活]

乙武洋匡(39)の子作りには施設が関わったのでは?という推測がネット上で広がっています。
しかし乙武本人は「自ら生殖行為ができる」と断言しています。
ではなぜそういった施設の存在が推測されたのか?そこには一つの組織があった。



  1. 子作りできた?乙武洋匡に対する世間の疑問
  2. 施設の関与を否定できる証拠
  3. 障がい者の性に関わる施設
  4. まとめ




子作りできた?乙武洋匡に対する世間の疑問



教育者でもあり、スポーツライターでもある乙武洋匡(39)
実際に学校などの教育現場に行って活動する事もある彼が、2016年3月23日に不倫騒動で世間を騒がせてしまった。

ネット、テレビなどの各媒体では連日乙武洋匡の不倫報道を行ったが、そこで一つの疑問が沸いた。

3児の父と報道されているが、一体どうやって子作りしたのだろうか?
この疑問は乙武洋匡という人物を考えれば誰でも沸いてくる疑問だと思う。

知っての通り、乙武洋匡は先天性四肢欠損という障がいを持っていて、手足が無い。
「五体不満足」という本を書き、世間でも広く認知されている。

そんな彼の状態を考えれば間違いないく
「どうやって子作りしたんだ?」
という疑問が沸くのは仕方のないことだろう。

目次へ戻る




スポンサーリンク












施設の関与を否定できる証拠



世間の乙武洋匡に対する疑問の答えとして出てきた「施設を利用しての子作り」疑惑。

どうやらネット上では、体に何らかの麻痺や欠損がある障がい者の「子作りを手伝う組織」があるという憶測が蔓延している。

乙武氏は数年前にも同じような疑問を問いかけられ、それに対して
「自ら生殖行為(子作り)は可能」
と断言している。

また、今回の不倫騒動でも不倫相手が乙武氏と夜を共にする時の状況について漏らしている。
ベッドに固定して・・・」
というような生々しい証言を不倫相手はしている。
この事から「乙武洋匡の子作りに施設は関与していない」と断言できるだろう。

目次へ戻る



障がい者の性に関わる施設



ネット上で乙武洋匡の子作りに施設が関与したという推測が噂が立つのには、
ホワイトハンズという施設の存在の影響があると思われる。

このホワイトハンズという施設は障がい者の性介助をしている施設だ。
この施設は、自慰行為が困難な障がい者の性介助(ケア)をしているという。

2011年に創設された施設で、当時はそのあり方に世間は大いに反応した。
今まで見過ごされてきた障がい者の性の問題について、世間は気付かされた。

そういった事があった為に、
障がい者の性介助施設があるという認識から飛躍して
「今回の乙武洋匡の子作りに施設が関わったのでは?」
という推測に発展していったと思われる。

だがこのホワイトハンズは主に男性の自慰行為にのみケアをしていて、子孫を残すという行為に関しては別物だ。

また、実際に障がいを持っていて子作りが困難な人に関しては体外受精という道もあるようで、そちらの方がより考えやすい。
施設と言ってもこういった医療行為を行う施設を利用して子作りした。というのであれば話の意味が通る。

目次へ戻る




スポンサーリンク












まとめ



Q「乙武洋匡の子作りに施設が関わった?」
A「NO。本人が子作りの為の生殖行為は可能だと言っているし、不倫報道での相手の女性の発言からも自力で子作りは可能だと判断できる。」
Q「そういった施設は存在する?」
A「YES。自力で性処理が困難な男性障がい者の性介助はある。」

といった形で、この話題に関しては以上となる。

目次へ戻る

関連記事

乙武洋匡の不倫相手は誰?離婚も視野に?

乙武洋匡の嫁はどんな人?本人が激白

乙武洋匡の嫁さんの名前は仁美さん、公式サイトで共に謝罪

乙武洋匡の子作りのやり方 【衝撃の性ボランティア施設の実態】
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:妊娠・出産

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。