So-net無料ブログ作成
検索選択

北島康介と薬【ドーピング検査をかいくぐる?】 [犯罪]

水泳選手の北島康介に薬の噂がありますが、ドーピング検査でバレない方法がありそうです。
なぜここまで北島康介の薬の使用を疑うのかというと、薬抜きという方法でドーピング検査をやり過ごす方法があるからです。
どうやらこの手法は数々の実践者もいるようで真実味がありそうです。


目次


ドーピング検査をかいくぐる薬抜き



プロ野球選手の清原和弘が覚せい剤の使用で逮捕されています。
それにともなって水泳選手の北島康介選手も薬の噂があります。

しかし、スポーツの世界には厳しいドーピング検査があります。
この検査はかなり敏感で、風邪薬などの合法な薬にも反応するほど精度が高いです。

一体どのようにドーピング検査をやりすごしたのでしょうか?

実は覚せい剤の使用者の間では当たり前の抜け道があります。

それが薬抜きです。

この薬抜きは清原はもちろん、同じく薬疑惑のある歌手の長渕剛もやっているようです。

これは相当に効果があるようで、薬抜き処置の後は24時間で反応が薬の反応が消えてしまうようです。
尿検査なんかにも引っかからないとか。



スポンサーリンク












目次へ戻る

薬抜きの方法と副作用



24時間で覚せい剤の反応を消してしまう薬抜き。
一体どんな手法なのか?

簡単に説明します。

1.利尿剤を使って体内の水分の入れ替え
2.ブドウ糖入りの点滴を投入
3.サウナで大量に汗をかく
4.髪を剃る

この手順で覚せい剤の反応は消せるようなのです。

しかし副作用も大きくて、ブドウ糖の大量投入で血糖値が急激に上昇。
内臓にダメージを与えてしまうようです。

このダメージが蓄積したのが清原のパターンじゃないでしょうか?
今は糖尿病の治療の為に千葉県内の病院い入っていますが、この薬抜きの副作用の可能性も否定できませんよね。

ちなみに尿検査への対応のみであれば頭髪を剃る必要は無いようです。

目次へ戻る

北島康介の薬疑惑



そもそもなぜ北島康介の薬の噂が立ったのでしょうか?

それはかつて2008年に逮捕された元俳優の押尾学事件が絡んできます。

当時押尾学は知人のマンションで女性と共に薬を使って逮捕されています。

そのとき女性は薬の使い過ぎか、死亡してしまいます。
押尾学はこの女性の救助を怠ったという事でも罪になっています。

そしてこのいわくつきのマンションへの出入りがあった人物が北島康介なんです。
そういう経緯があったために北島康介にも薬の噂が立っていたのです。

ただ、北島康介のような国際的なアスリートは厳しいドーピング検査があります。

覚せい剤なんかやっていたら速攻でバレるので、薬の噂は否定され続けていました。

しかし、そこへきて前述の薬抜きの手法。
ドーピング検査をかいくぐるほどの効果ですので、薬の疑惑を完全否定しきれないですよね。



スポンサーリンク











目次へ戻る

まとめ



押尾学事件が起きたマンションへ北島康介は出入り。
薬抜きという手法でドーピング検査をパスできる可能性がある。

最後になんですが、もし北島康介が薬をやっていたとしたら、正直、ここまでの記録は出せないし金メダルなんか取れないとおもうんですよ。
覚せい剤っていうのはあくまで噂で、ドーピング疑惑の方が根強いのかな?とも思いました。

目次へ戻る
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。