So-net無料ブログ作成
検索選択

阿蘇山が噴火!?過去には4回も!日本壊滅の可能性! [事故]

阿蘇山は過去4回噴火しています。最後の噴火は9万年前にさかのぼるですが、現在、その規模の噴火が起これば日本はおろか地球全体にも大きな影響があると言われています。
また今回の地震が原因で阿蘇山の活動への影響はあり得るのでしょうか?
気になる破局噴火とは?
阿蘇山の噴火の歴史を紐解き、現在の噴火の可能性に迫ります!

過去の噴火の概要



阿蘇山は過去30万年の歴史の中で4回噴火しています。

最後の噴火は87000年前(約9万年前)のASO4と言われる噴火です。
その噴火の時に出来たのが現在の阿蘇カルデラです。


aso0.png
ttp://elekitel.jp/elekitel/series/2003/03/sr_03_d.htmより

この中央部のややへこんだ部分が阿蘇カルデラ。
カルデラ内には阿蘇市といった都市があります。

現在この中央の中岳が常時噴煙を上げている状態です。

前述した9万年前のASO4が起きた時にはこの直径20キロにも及ぶカルデラの範囲が全て爆発で吹き飛び、マグマが流れ出しました。

流れ出したマグマは鹿児島県以外の九州全域と海を挟んで隣の中国地方の山口県にまで到達しています。

この時のマグマのスピードは速く、遠目でマグマの波を発見したころには既に手遅れ。
多くの縄文人が焼け死んだと推測されています。



スポンサーリンク











繰り返される噴火



このASO4以前にも大規模な噴火は起きています。
40万年前と11万5000年前です。
それぞれASO1、ASO3と名付けられています。

マグマは、一度に大量に放出されて空っぽになるわけではなく、何万年という時間の中で徐々に作られていきます。

今、かつてのASO4噴火で焼き尽くされた土地の上にはいくつかの都市があります。
そこには1000万人近い人口が住んでいます。

過去の大規模噴火は、それぞれの時代で容赦なく多くの人命を奪ってきたのです。



スポンサーリンク












阿蘇山噴火ニュース目次
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。