So-net無料ブログ作成
検索選択

阿蘇山の噴火は地震との関係がある!?過去に事例あり! [事故]

14日に起きた熊本を震源とする大規模な地震
その地震での被害は甚大なものですが、さらにこの被害を拡大する可能性があります。

それは阿蘇山の噴火です。

20160416125614989.jpg

16日には阿蘇山で小規模な噴火があり、これが大規模な噴火へと発展するのではないかという危惧もあります。
一部識者は今回の地震との関係を全く無視はできない。
という見解を示していて、今後の阿蘇山の動きに注目が集まっています。
地震と噴火の関係について、あらゆる資料と過去の例から、その可能性を探ってみました。

専門機関の見解



マグマと地震の関係のイメージ
lif1604160032-n1.jpg
ttp://www.sankei.com/life/news/160416/lif1604160032-n1.htmlより


今回の阿蘇山の噴火と地震の関係について、気象庁と東京大学の教授が見解を示しています。

気象庁は地震との関係を否定しています。
一方で東京大学のマグマに精通する教授藤井敏嗣(ふじい としつぐ)氏は「全くの無関係ではない」としています。

この藤井氏はミスター火山学の異名を取るこの道の権威で、その意見には一定の信頼がおけます。

藤井氏は「噴火が地震の影響かは現時点で断言できないが、地震に誘発されて噴火する可能性はある」
と意見を述べています。



スポンサーリンク











2015年の噴火と南関東の地震



2015年9月12日には東京、千葉を中心とする震度5弱の地震が起きています。

その地震の2日後には阿蘇山で噴火。

阿蘇噴火2015.png
ttp://falcontrend.com/archives/351より

この規模の噴火は昭和54年9月6日以来でした。

9-6阿蘇の噴火.jpg
ttp://falcontrend.com/archives/351

東京大学の教授の意見でも地震と噴火の関係については否定できないとしていましたが、過去には事例もあったわけです。

この例があったからと言って地震と噴火の関係を断言するわけではありませんが、
全くの無関係というわけには行かないと思います。



スポンサーリンク











今回の噴火の意味



今回の熊本地震後の阿蘇山の噴火はどういう事なのだろうか?
今後も活動するのだろうか?

実は、阿蘇山の活動は2014年の噴火から継続的で、2016年4月16日の今回の噴火は、
今まで継続されてきた火山活動の最終的な場面らしく、「最後に気が抜けた状態」という表現がされている。

こちらも東京大学の教授の意見です。

今までマグマで溜まっていたガスが最後に抜けたような状態という事らしいです。

今後は大規模な噴火へ発展する可能性は低そうです。

地震の被害と二重で噴火の被害もあれば、それこそ熊本を中心とした九州は大打撃です。

とりあえずは、地震への対応に集中すればよいという事でしょうか。

阿蘇山噴火ニュース目次
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。