So-net無料ブログ作成
検索選択

地震は予測できる!熊本の2016の地震も! [事故]

2016年の4月14日に起きた熊本の震度7の地震
その後の震度6の本震でさらに被害は拡大しています。

そんな中、この地震は科学的に予測できていたとする
資料を発見しました。
科学的な予測なので信用できるものと考えれます!


活断層から予測



下記の画像を見てください。

熊本断層帯 (1).JPG
ttp://tankyu.hatenablog.com/entry/2016/04/14/kumamotoより

このピンクの帯は活断層がある場所を示しています。
そして赤丸は今回の地震の震源付近です。

活断層は地震の予測のひとつの指標になります。



スポンサーリンク











活断層って何?



活断層とは良く聞きますが、
実際には何なのでしょうか?
下の図をご覧ください。

活断層.JPG
ttp://www.gsi.go.jp/bousaichiri/explanation.htmlより

このように地面の奥深くには岩盤があります。
その岩盤には割れ目があるのですが、
この割れ目にひずみができて岩盤が破壊。
そして地震となります。

活断層のひずみの原因



ではなぜ活断層にはひずみが
できてしまうのでしょうか?

日本にはこのように海底プレート
あります。
※下記画像参照
日本プレート.JPG
ttp://www.gsi.go.jp/bousaichiri/explanation.htmlより

そしてこのプレートは動いています。

プレートテクニクス.JPG
http://www.kaiho.mlit.go.jp/info/books/report2009/Degital/honpen/p081.html
このプレートの活動により、
岩盤に負荷がかかり、
その負荷が限界に達したときに断層がズレて
地震となります。



スポンサーリンク











まとめ




日本周辺にはプレートがいくつもある
日本プレート.JPG
ttp://www.kaiho.mlit.go.jp/info/books/report2009/Degital/honpen/p081.htmlより

プレートは動いている
プレートテクニクス.JPG
ttp://www.max.hi-ho.ne.jp/lylle/kaseigan3.htmlより

プレートの動きにより地下の
活断層にひずみが発生。
活断層.JPG
ttp://www.gsi.go.jp/bousaichiri/explanation.htmlより

2016年の熊本の地震では
活断層の存在が確認されていて、
予測の範囲内だった。
熊本断層帯 (1).JPG
ttp://tankyu.hatenablog.com/entry/2016/04/14/kumamotoより
タグ:熊本 地震
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。